2012年06月05日

【聖剣伝説4】4なんてまだ出てないよ?

存在していないはずの聖剣伝説4。

冗談はさておき。
アンサガに続き、これまたクソゲーと評判の聖剣4です。
これまでアクションRPGで通してきた聖剣4を一新。アクションアドベンチャーというジャンルだったかと思いますが、とにかく何もかもがシリーズものとは思えない仕上がりです。

まず、敵を倒すにはただ攻撃するだけではいけません。主人公の腕に巻きついたツタを利用し、MONO(聖剣4の世界でいうオブジェクト)や敵をつかみ、敵にあてる等をしていわゆる「ピヨリ」状態にする必要があります。厳密にはピヨらせなくても倒せますが、それだとLVUPに必要なメダルが出ないため、結果的にクリアが困難となります。

さらに、メダルを集めてLVをあげても、次の章に行くとまたLV1からスタートとなります。
ストーリー以前にシステムからして聖剣してません。

され、じゃあクソゲーといわれる理由は何なのかと考えてみました。
このゲームは、MONOの存在が実に重要です。とにかく敵に何かをぶつけなければいけません。別の敵でもいいですが、MONOだと回りに衝撃波が発生するため、一度に多くの敵をピヨらせることができます。
だというのに、後半に行くとMONOが明らかに少ない。敵は強いのにMONOが少ない。結果的に逃げ回ってはMONOを探し、壊れては(敵にぶつけたりすると壊れます)また逃げ回ってMONOを探し・・・。と非常にテンポが悪いです。

おそらく、設計者も始めは力を入れていたんでしょう。前半は平原に小高い丘があり、MONOが積まれているのでそこから転がしたりすると大量の敵をピヨらせることができたりと非常に気分がいいです。

ところが後半はもうなんというか、MONOがほとんどありません。壊しちゃいけないのでチビチビ使うしかないのですが、非常に爽快感に欠ける。もっと気合入れてMONOを配置してもらえれば評価は変わったかもしれません。

UNLIMITEDのラストステージ中ボスでやる気がなくなりました。
できればフレイムセイバーとアイスセイバーのメダルをゲットして無双したかったけど諦めます。
※フレイム・アイスセイバー状態だと、通常の攻撃で敵をピヨらせることが可能となるため、MONO無しでもバシバシ進めることができます。

まあ、でもそれなりに楽しめましたよ?
posted by 五原零司 at 22:01| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

俺的今期NO1ヒロイン!

20111108.jpg
いのりちゃーーーん!!

ギルティクラウンって面白いけどノイタミナっていう枠のコンセプトにあってるの?
色は帰ってきたらつけます。今週はもういないので。
posted by 五原零司 at 22:07| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

復帰1枚目>ω<

秋!ブレザー!チェック!

色々忘れてた。
具体的にはブラシトラッキングの存在とか。

チェック描くのたのしー♪
posted by 五原零司 at 14:51| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

【デビルサバイバー2】無難な続編

DSのメガテンシリーズ、デビルサバイバーの第2作。前作からの変更はキャラと登場する悪魔の追加程度。というくらいプレイしたところで違いは感じられません。唯一大きいのは、ペルソナのようなシステムが追加されています。

気になる前作との関連ですが、まったく無いと言っていいと思います。ヤマトが前作のお兄ちゃんにちょっと似てるくらいです。まあそんなわけで新規の方も心置きなくプレイできるかと思われます。

2周目以降の引継ぎですが、前作は確か無条件で所持悪魔のデータは持ち越しましたが、今回はある条件をクリアするとポイントがもらえて、ポイントを使って引継ぎ項目を購入という個人的にはテイルズが真っ先に浮かぶシステムです。

追加悪魔では「あの子」が登場するのが一番大きいでしょうか。あと、前作では魔法スキルが猛威を振るっていましたが、今回は「千列突き」という敵それぞれに複数回攻撃というぶっ壊れスキルがあります。おそらくは、敵全体に対し、合計で9回とかそんなのを想定したのではないでしょうか。どこかで間違ってそれぞれにマックス9回に。

とまあ、そんなところで際立って目新しい要素もないので、いい意味で安心して遊べる続編でした。次はもう少し冒険して欲しいと思います。
posted by 五原零司 at 23:27| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

【TLR】The Last Remnant

ラストレムナント。PC版です。これのためにゲーム用のPCを買いました。

イメージとしてはロマサガとかです。技の名称等、共通する項目がいくつもあります。戦闘が特徴的で、キャラではなくユニオンという〜・・・まあこの辺は公式なりの解説を読んでください。一言では表せませんが、非常に奥深いシステムです。キャラをどんな役割に着かせようとか、どんなユニオンを組もうとか、考える(編成する)ことが非常に楽しく、敵を叩いていればいいゲームとはまた違った味わいがあります。

個人的には野島健児さんが主役というのも実にポイントが高いです。個人的には大好きなんですけどあんまり知名度ないんだよなー。

PC版だと色々な改造も可能のようですが(自己責任)、慣れてくると大体はコントロールできるようになります。このゲームのために色々な分析ファイルを作りました。エクセルで。

ストーリー。
ロマサガとかやってる方々ならあんまり違和感は無いと思いますというかこういうものなんだと割り切れますが、少々突然な展開が多いです。まあ、このゲームは戦闘のためにストーリーがあるようなものなので、あまり深く考えないようにしましょう。
サブイベントが豊富で、この辺もロマサガに似ています。むしろサブイベントがメインなんじゃないかと錯覚するほどです。

戦闘。
ユニオンを用いた戦闘ですが、ある程度ユニットごとの行動はコントロール可能です。ただ残念だったのが、各ユニオン行動を予測して戦略を立てるよりも、使いたい技で行動を選択した方がいいところです。もっとインターセプトやサイドアタックに味を持たせられればよかった。
なお、物理系は1ユニオン1ユニットのボスキャラで効果的で、術法系は1ユニオン多ユニットのザコ戦で効果を発揮します。術法はユニオン内の複数ユニットに対してダメージを与えられるため、1ユニオンに対するダメージで見ると多くなるためです。逆に1ユニットのボス戦ではダメージが高くなりにくい傾向にあります。
育成方針は、クラスを意識すると必然的にユニット構成やユニオンが決まってきます。また、クラスは各ユニットをどう戦略で生かすかを考えると大方決まってきますので、実は非常に筋が通っていうなあという印象です。だからあれもこれもっていうイメージにならず、一つの目的で決まるので混乱が少ないのがよいのではないでしょうか。

音楽。
音楽という項目を設けることは滅多に無いんですが、このゲームの音楽は非常にカッコイイです。特に物語り前半の屋外戦闘曲が大好きです!後はモラル逆転した時とか。後半で音楽が変わるのがちょっと残念だったり。

次は月曜日にデビサバ2あたりを。
posted by 五原零司 at 21:24| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

(*)バレンタインでした

バレンタイン

皆さんチョコレートもらいましたでしょうか?五原はながらおばちゃんから沢山義理チョコもらいました!ひゃっほい!画像みたいに照れながらも不器用にチョコレートを差し出そうとして中々差し出せなくてどうしていいか分からずに上目使いで見つめてしまう子をお待ちしています。
連絡先はれぐえでぃっと@tbbのティーコムまで。

例大祭の原稿へ。
posted by 五原零司 at 22:44| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

(*)明けましておめでとうございます

2010新年絵
絵は一応杏ちゃんです。髪型と服装変えるともう誰か分かりません。

若干前後しますが、冬コミお疲れ様でした。
来てくださった皆さんありがとうございました。いつもありがとうございますな方から、新しく興味を持ってくださった方まで、幅広く来て頂いてとても嬉しかったです。
新刊のお話的にはギャルゲーの二次創作っぽくてちょっと「いつもと雰囲気違いますね!(サークルカットが)」とか「周りと馴染んでましたね!(サークルカットが)」と言われたりもしましたが、次あたりから本領発揮ですのでその辺期待している方もお楽しみに!な感じです。

さて、新年明けましたがあんまりのんびりもしていられません。
3月の例大祭に向けて原稿開始です!前回は落ちましたが今回は受かりたい!!
冬コミで新章の本を委託で買ってくださった方に「あれってきっと前段になる話ありますよね?」と聞かれましたが、Luminescenceもちょこっと例大祭に持って行こうと思いますので、手に入れそびれてしまった肩も是非。
って受かったみたいに話を進めると後で困りそうなのでこの辺で……。

では、今年もよろしくお願いします。
posted by 五原零司 at 00:11| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

(*)気がついたら

噂をすれば影がさす十四代目葛葉ライドウ
2周目を始めたと思ったら3周目が終わっていたんだけども!

ライドウのよさはなんといっても爽快感?MAGがっぽがっぽだし。あと満月御霊合体なるものでスキルの継承もかなり楽!……まあ楽になった分完成したときの達成感が若干薄まる感じ?

でもこれはこれで面白かったから続編を早く出して欲しいな!

冬コミ関係で色々原稿ちう。
posted by 五原零司 at 23:10| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

(*)Twitter始めました

めりー

ホームページに貼れないものかと思っていたら貼れるみたいだったので始めてみました。

日記に書くまでもないことが載るかもしれません。

もうすぐ夏コミですね。
posted by 五原零司 at 14:21| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

(*)NHKの本気を見た

まいん


いやまあしかし昔からCCさくらとかコレクターユイとかやってたところですし驚くことではないのですが。
今期のNHKは天気予報と合わさって民放を引き離す可能性が非常に高い気がする。一部に対してだけども。

暖かいと思いきや夜は寒いので困りものな今日この頃。
posted by 五原零司 at 01:33| Comment(4) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

【08冬コミ】(*)アクセルを

くらなど

更新に間隔があくというのはつまりやることが多すぎなのか面倒なのかどっちかです。

さて冬コミとライドウ2の発売がジワジワ近づいてきたところですけども。なるべく早く終わらせて原稿に支障がでないようにしたいとは思っています。
冬は以前も一回くらい言ったかもなんですがCLANNADのおなじみになりつつあるStealthDesireの8巻。8冊目!?
多いなあ……早く続きを書きたいと思いながら毎回やってるんですけど体力と時間の関係でどうしてもぶつ切りです。

しかし今回は若干力が抜け気味だった前回に比べてかなり頑張ってます!!
知り合いからは「あれで力が抜けてんのかよ」とか言われたりもしますが本気を出したらもっと中学生です!!
意味分からない。

あと半月もすればコミケの当落結果が分かりますね。受かってますよーに!
posted by 五原零司 at 18:28| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

(*)ご機嫌ナナメ

秘封+2

うちのペインターさんなのですが。
なんかもー今回の絵の作業中落ちる落ちる。こまめに保存するようにはしてたんだけどもやっぱりノッてくると忘れちゃってそんなときに限ってぎゃー!!
ノッてた分ショックもひとしお……。で、こんなに時間がかかってしまったわけです。

いい加減「誰?」というのは聞き飽きたというか、ほら!一応見えるじゃん!?的な。大体二次"創作"なんだしちょっとくらいオリジナル要素入ってもいいじゃん!
ちょっとじゃない?……ごめんなさい。

さて、先んじて公開したキャラ案より若干の変更がありました。ってゆってもアリスの前髪が分け目左右逆になったとかその程度なんですけど。
個人的にはパチュリーが好きですパチュリー!
posted by 五原零司 at 07:25| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

(*)パチュリーもいいと思う

チップキャラ3

ていうか自分の設定での話で恐縮なんですけど。アリスとパチュリーの関係は非常に想像ができるので機会があれば何か描いてみたいな!と思ってたり。そっけないんだけどお互い気を使わなくていい間柄が一番だと思います!
posted by 五原零司 at 01:45| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

(*)髪にはうるさいんです

チップキャラ2

特に前髪は大好きです。
前髪というと多くの漫画やイラストではいつもは目を完全に隠してふとした瞬間だけ目が見えるというのが大多数ですが個人的には前髪ってゆーのは目を隠す隠さないの0と1だけのものではなくて目をどのように隠すかというところに美学があると思っていまして例えば振り向きざまは前髪がちょっと流れた感じになるんだけど少し時間がたつと落ち着いて、でもそれだと目線上に髪がきちゃうから見るのに邪魔になっちゃってだから軽く首を左右に振って髪をどかしたときにできる前髪がやっぱり前髪としては最高だと思うのですがどうでしょう。
あとは動作中に目を隠す時の隠し加減とか。
だから完全に隠すか完全に出すしかないのは正直微妙だと思います。

とゆー内容を語ったコピー本を作ったらどうかな?と知り合いに相談したら「誰もほしがらねーよ」と一蹴されました。ちょっとだけ悲しいです。
posted by 五原零司 at 01:05| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

(*)寒いですね

チップキャラ1

頑張って二頭身キャラも描けるようになるぞ!プロジェクト。
どこまで続くかは気分次第。
第一弾は藤林姉妹です。五原は杏ちゃんが大好きです。そういえばほめてのびるラジオのディレクターさんも「藤林」なんですよね。どうしてもお互いでお互いのイメージがクロスしてしまいます。

さて、最近部屋の温度がダダ下がりでいい加減暖房をつけるべきなのかと思ってますけど暖房は頭ばかりほてってしまうのであんまり好きじゃないんですよね。かといって床暖房を入れようにも費用が・・・とゆーかんじなので今度小さい電気カーペットでも買ってみようかなあと思ってます。

冬コミまであと2週間くらいでしょうか?
寒いですけどせっかくのお祭りなので皆さんお体など壊さぬようお気をつけください。
posted by 五原零司 at 02:31| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

【アイマス】(*)欲しくなったので

アイマス

動画とか見てたら無性に欲しくなったので買ってみました。マイクロソフトポイント3500と一緒に。センコロの時に買ったポイントが1900も残っていたのが計算外といえば計算外だけどもまあブレザーでも買ってみようか。

基本的には空いた時間にセンコロかアイマスやってますのでセンコロとかで見かけたらお手柔らかにお願いします。かれこれ2ヶ月ぶりくらいに復帰したのでコマンドが思うように入りません。

ゆーめーをみてれぅー。
やよい可愛いなあ。
posted by 五原零司 at 03:13| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

(*)結局一週間

アリスキャラセレクトB1 アリススペルカードカットインB1

なんだかんだ時間がないのでやっぱり休みまで描けなかったとゆーオチ。

どっちかっていうと不思議の国のアリスっぽい服装で描いてみました。実はこれ冬の本の衣装だったりもしてます。髪が微妙に伸びたりと随分自分の好みを入れた感じです。どんな話かはお楽しみに!!

てかこういう服をなんて呼んでいいのかが全然分からなかった。
次はB2。
posted by 五原零司 at 05:35| Comment(3) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

(*)オリジナル

4月1日ネタ

「ああ、どうでもいいな」
黒をぶちまけたビル群の一角、黒い髪と黒いコートが風に揺られていた。
「もう一度だけ聞くぞ。この街でお前はどちらの派閥に付く」
対するは赤い風を纏っていた。二つのソレはお互いにお互いの存在がなければ存在できないかと思えるほどの、光と影。しかしかたや赤き光、かたや全てを飲み込む漆黒。純粋な光と影の対峙ではないことは明確だった。
「何度も言わせるな。俺にとっちゃ派閥なんてどーだっていい」
影が言う。
「お前がどう考えようとこれがここでのルールだ」
光が言う。
ニイ、と影が笑う。だがそれは錯覚だろう。今この瞬間、世界は黒と赤以外は何も見えない。だから笑った、と思えたのは視覚によるものではなく錯覚によるもの。見ることができないのは夜のせい。闇のせい。どれも多分違う。それは圧倒的な存在感を持つ光と影。他のものなんてどうでもよくなるくらい鮮明な存在感。それはこの黒の洪水の中でも失われる、生易しいものなんて比べ物にならないもの、比べてはならないもの。
「そんなもの知るか。ルールは俺が決める」
ああ、光と影は相容れない。…いや、単純に影が何者とも相容れない。なぜなら影は黒いから。全てを含んだ色の終着点、それが黒。
「…お前のような輩は決して少なくない。だというのに、だ――」
光が燃える。赤い赤い光。時に金色に、時に真紅に。それは生き物ならば何であっても、誰であっても本能に刻み付けられた恐怖の始発点、それが赤。
「例外なく俺たちの邪魔をする…っ!」
圧倒的な赤の胎動が、鼓動がこだまする――。黒の洪水が押し戻される。ああ、世界はこんなにも赤かった。
ビルがある、看板が見える、空が、雲が、星が月が――全部真紅へと染められた。
「だからどうしたってんだよ」
もう影ではない。一人の人影。黒い髪、黒いコートは闇のなかにあっての錯覚じゃなく、それは赤い光に満たされてもなお黒い。
「どうせ邪魔をするなら、ここで――」
鋭利な赤が立ち上る。ああ、もうダメだ。見ている人間が絶望するほどの煌き。赤い光を身に纏う一人に人影。
「…上等だ」
そうして取り出されたのは一枚のカード。名刺よりはほんの少し大きい、ただ一枚のカード。
「お前はとっくに認証済みか。どうせやる気だったな」
「……いくぞ!」
赤が踊る。それは風となりあたりを染め上げる。いや、染めるなんて生易しいものじゃない、全てを焼き尽くすかのような赤。それが黒い人影へと――。
「ハッ!」
カードをかざす。そこは何もない虚空。夜の闇に染められ、赤い光に染められる、虚空。

カードが――

「刻め!」

赤と黒の狭間を――

「王の名を!」

奔る――!!

瞬間、黒と赤の柱が上がった。

夜の闇は全てを染め上げる黒。赤き洪水の前には成す術もなく押し戻された黒。しかし今度はそうは行かない。互いに拮抗する力は共に世界の所有権をめぐりぶつかり、夜の空を貫いた。


とゆー話。
B5、1024Pくらい(上下巻計)、一冊5000円。
posted by 五原零司 at 01:28| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

【アルトネリコ】(*)ようやく描いた

アルトネリコ

いやま前からずっと描こう描こうと思ってたんだけどずっとゲームばっかりやってて全然手付かずだったとゆー有様。ちなみに勢いでイリスのアトリエ買ってきたけども友人に聞く限り微妙らしい。どうなんだろうとりあえず面白い面白くないにかかわらず終わったら2も買ってみようかと思います。

それにしても服装が全然原作を考慮してないため「誰?」的な感じだけどもそんなのはとうの昔に開き直りました。

なんか書くことあった気がするけど忘れた。
posted by 五原零司 at 21:16| Comment(7) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

【C68】(*)実は

お月様

この絵は書き下ろしなので本には載ってません、ハイ。
サンプルは3P分ほど。
いつもよりPが少ないのでこれくらいで勘弁してください。
posted by 五原零司 at 03:23| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。