2011年10月29日

【TLR】The Last Remnant

ラストレムナント。PC版です。これのためにゲーム用のPCを買いました。

イメージとしてはロマサガとかです。技の名称等、共通する項目がいくつもあります。戦闘が特徴的で、キャラではなくユニオンという〜・・・まあこの辺は公式なりの解説を読んでください。一言では表せませんが、非常に奥深いシステムです。キャラをどんな役割に着かせようとか、どんなユニオンを組もうとか、考える(編成する)ことが非常に楽しく、敵を叩いていればいいゲームとはまた違った味わいがあります。

個人的には野島健児さんが主役というのも実にポイントが高いです。個人的には大好きなんですけどあんまり知名度ないんだよなー。

PC版だと色々な改造も可能のようですが(自己責任)、慣れてくると大体はコントロールできるようになります。このゲームのために色々な分析ファイルを作りました。エクセルで。

ストーリー。
ロマサガとかやってる方々ならあんまり違和感は無いと思いますというかこういうものなんだと割り切れますが、少々突然な展開が多いです。まあ、このゲームは戦闘のためにストーリーがあるようなものなので、あまり深く考えないようにしましょう。
サブイベントが豊富で、この辺もロマサガに似ています。むしろサブイベントがメインなんじゃないかと錯覚するほどです。

戦闘。
ユニオンを用いた戦闘ですが、ある程度ユニットごとの行動はコントロール可能です。ただ残念だったのが、各ユニオン行動を予測して戦略を立てるよりも、使いたい技で行動を選択した方がいいところです。もっとインターセプトやサイドアタックに味を持たせられればよかった。
なお、物理系は1ユニオン1ユニットのボスキャラで効果的で、術法系は1ユニオン多ユニットのザコ戦で効果を発揮します。術法はユニオン内の複数ユニットに対してダメージを与えられるため、1ユニオンに対するダメージで見ると多くなるためです。逆に1ユニットのボス戦ではダメージが高くなりにくい傾向にあります。
育成方針は、クラスを意識すると必然的にユニット構成やユニオンが決まってきます。また、クラスは各ユニットをどう戦略で生かすかを考えると大方決まってきますので、実は非常に筋が通っていうなあという印象です。だからあれもこれもっていうイメージにならず、一つの目的で決まるので混乱が少ないのがよいのではないでしょうか。

音楽。
音楽という項目を設けることは滅多に無いんですが、このゲームの音楽は非常にカッコイイです。特に物語り前半の屋外戦闘曲が大好きです!後はモラル逆転した時とか。後半で音楽が変わるのがちょっと残念だったり。

次は月曜日にデビサバ2あたりを。
posted by 五原零司 at 21:24| Comment(0) | Top絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。